大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

佐倉市議会はインターネット中継の実現を!

わが佐倉市議会は「議会基本条例」を持つ数少ない議会である。
議会改革がある程度進んでいる証しともいえる。
昨年はじめて行われた全議員出席・超党派による「佐倉市議会報告」
もその一例。
なにぶん、やる方も、聞く方も初めてのことゆえ、ちょっと混乱
したけれど、これで「やんぺ」とせず、
産みの苦しみとして一歩ずつ前進していきたい。

しかし、一歩ずつなどと待っていられない問題がある。
議会のインターネット中継である!

議会傍聴に行けるのはやっぱり限られた人だけ。
誰もが簡単に議会の様子をパソコンなどで見ることができれば
こんなに便利なことはない。
録画も見られるので、いつでも市民がウォッチング。
また、不特定多数の市民に見られていると思えば、
議員の方も、もっと質問に熱が入り、身が入る。

けれども佐倉市議会では、いまだインターネット中継は
されていない。

ずっとこの件は議論されてきたはずなのに、
「金がかかる」などという理由でいまだ実現されていない。

佐倉市の近隣市を見てみると…

八千代市、
四街道市、
成田市、
千葉市、
白井市、
習志野市

…は全て行っている!!!
やっていないのは印西市と佐倉市くらい。

佐倉市では議会質問の翌日に、ケーブルテレビで
放映されるが、45分あたりでちょん切られる。
閉会日の討論に至っては、情け容赦なくバッサリとカット。

新年度予算にもインターネット中継費は入っていない。
まずは議会改革推進委員会を開き、
この件に関し準備を進めていくべきではないか。



  1. 2012/02/15(水) 14:46:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。