大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

原子力戦隊スイシンジャー登場!!!

3.11から11カ月目の昨日2月11日、
京成うすい駅前で「脱原発1000万人署名」活動をした。
リサイクルショップ回転木馬と共催で、いつもより多い
メンバー参加となった。

宮田工作員(?)作成の巨大グラフと原発地図を掲げ、
マイクを持って駅頭を通り過ぎる人々に訴えた。

54基ある原発は、今たったの3基しか動いていません。
でも、どこも停電など起きていません。
原発はもうすぐゼロになります。日本中から消えるんです。
でも、どこも停電など起きていません。
原発がなくっても、大丈夫なんです。

「絶対安全」と言われた原発が事故を起こし、
取り返しのつかない汚染と被害が生まれました。
それならば、
「絶対安全」というのは、原発をなくすことしかありません。


などなど、具体的数字をあげながら訴えた。
人通りは少なかったが、署名をしてくれる人は多い。

1000manninshomei.jpg

ひとり、「俺は泊の出身だ」と声をかけてきた年配の
男性がいらっしゃった。その方は
「原発が来る前はよう、きれいな海だったんだけどよう」
とポツリ。

さて、今日の東京新聞で目を引くグループの記事が…
その名も絶対!!原子力戦隊スイシンジャー
 
若手の売れないお笑い芸人さんたちが結成したコント
グループで、原発ネタで話題を呼んでいるという。
メンバーは「東電レッド」「経産省ブルー」「マスコミホワイト」。
原発政策を推進してきた「原子力ムラ」を擬人化した
スイシンジャーの3人組が、なんと正義の味方。

9c575df1.jpg

対する悪の象徴は、「脱原発」の野望を果たそうとする
「怪人反原発男」と名乗る怪しい人物で、
黒づくめの衣装で登場。

まずは動画をご覧あれ。
http://www.youtube.com/watch?v=0AcQJE_R0iw

歌詞が傑作だ。
♪ ♪ ♪
地球が悲鳴をあげている (Dont worry!!)
恐怖に怯える人がいる (Dont mind!!)
だけど譲れない物がある (利権!天下り!スポンサー!)
力を合わせて掴み取れ (原子力からの撤退は致しません!)
Get!Get!Get!原発マネー!
原子炉 Bang!Bang!ぶっ壊れても
前しか見えない スイシンジャー!

危険を指摘する人がいる (Shut Up!)
すべてを無くした人がいる (Gomen!)
だけど捨てられない夢がある (もんじゅ! 六ヶ所村! 核兵器!)
たとえどんなに危険でも (安全性は国が保証致します!)
Go!Go!Go!強引に!
エナジー全開!ウラン爆裂!
臨界超えろ スイシンジャー
♪ ♪ ♪

芸能界のタブーに挑戦する勇猛果敢な芸人さんたち。
拍手!!!





  1. 2012/02/12(日) 11:32:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |