大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

ストレステストに異議を唱える井野博満さんが来ます!

現在動いている原発は54基中、わずか3基
国と東電と推進派は、止まっている原発を再稼働しようと
あの手、この手、封じ手、からめ手。
そのひとつがストレステスト意見聴衆会だ。

原子力安全・保安院によるこの意見聴衆会とやらは
専門家による意見を聞く場だということだが、
ごご多分にもれず、御用学者・芸者学者・茶坊主学者が
大多数を占める委員会だ。

司会進行役の岡本東大教授自ら、原発メーカーの
三菱重工から献金されている。
委員会にはあと二人同じく三菱重工から献金を受けて
いるというから、こんな委員会は茶番劇としか
言いようがない。
以下、この金まみれ3人組のリスト。

◆岡本孝司 東京大学 工学研究科原子力専攻教授
三菱重工業から 200万円
◆阿部 豊 筑波大学大学院 システム情報工学研究科教授
三菱重工業から 500万円
◆山口 彰 大阪大学大学院 工学研究科教授
(株)ニュークリア・デベロップメント(三菱重工業系)
 から3,385万円

意見聴衆会は当初市民の傍聴が可能だったが、
推進派岡本座長のあまりに強引な進行ぶりに
怒り心頭の傍聴者が抗議したことで、
その後、市民は会場から排除された。

そして、今日。最終報告となる聴衆会が開かれ、
その模様がNHK夜9時のニュースで流れた。
会場の経産省前には抗議する大勢の市民。
あれっ?
TPPおじさん、大野和興さんがいる!!!
山本太郎氏や千葉麗子氏などの顔もあったとか。

この委員会で、二人だけ、しっかりと中立的立場を貫き、
「危険なものは危険」「議論が尽くされていないから
大飯原発は再稼働するべきではない」と発言している。

井野博満東京大名誉教授と
元原子力 プラント設計技術者の後藤政志氏だ。

その井野博満さんをお招きして、
八ツ場ダム建設再開への抗議集会パート2を開く。

八ツ場ダム建設再開は許さない!PART2
2月23日(木)16:30~19:00
衆議院第一議員会館大会議室
(1月17日集会と同じ場所)

◆基調講演
原発再稼働をめぐる動きと原子力ムラ癒着の絆
井野博満東京大学名誉教授

◆八ツ場ダム問題
河川ムラの策動による八ツ場ダム建設再開を
阻止するために

嶋津てるゆきさん
(八ツ場ダムをストップさせる市民連絡会)

河川ムラに蝕まれてきたダム予定地
渡辺洋子さん(八ツ場あしたの会)

◆全国から
故郷を渡さない!がんばり通して30年
岩下和雄さん(石木ダム絶対反対同盟)

大震災をテコに高速道路?!
橋本良仁さん(道路住民運動全国連絡会事務局長)

諫早湾干拓・開門問題の現状堀良一さん(有明弁護団事務局長)

ダムも原発も根っこは同じムラ社会。
金の亡者と権力亡者が、笛吹き踊る闇の世界。
こんな厄介なムラ社会をなくすために、
一緒に声をあげましょう。
どうかお集まりください。

  1. 2012/02/08(水) 23:07:34|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |