大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

毎日、放射能関連の日々、バタバタと…

議会が終わっても、毎日バタバタと忙しい。
そのほとんどが原発関連の活動だ。

◆福島原発震災情報連絡センター設立へ
旧知の静岡市議松谷さんから連絡が入り、被災地支援と脱原発の両方を
目的とした全国規模の議員の連絡会を立ち上げるという。
すでに50人くらいの議員が呼びかけ人として名を連ねているが、
千葉県は一人もいないとのこと。

まあ、それはいけません!
ということで、急きょネット内で呼び掛けたところ、1日でなんとほとんどの
議員が賛同してくれた。千葉県は一挙に13人となり、全国では85人となった。
目標は100人。
これから、ネット以外の議員にも呼び掛けるつもりだ。

◆市内の保育園、幼稚園をまわり、学習会のお知らせ。
午前中は、日刊工業新聞の記事「フジクラが佐倉工場で小型原子炉の模型を作り、
新しい冷却システムの実証実験を始める
」という記事について、急きょ市に
ヒアリング。まだまだ分からないことだらけ。
今後も調査を続ける。

午後から、佐倉地区の公立・私立、合計7か所の保育園と幼稚園を、
伊藤さん、五十嵐さんと回る。
11月12日に行う野呂美加さんの学習会のお知らせだ。
「保護者の方はもちろん、先生方にも聞いてほしい」と言って
チラシを渡すのだけれども、反応はいまひとつ。
この地域は比較的線量が低いので、切迫感がないからかもしれない。
でも、来て下さい! 聞いてください!
小さな子どもたちの未来を守るのは、大人の責任です。

ただ、ある幼稚園では、私立があまりに冷遇されていることを指摘され、
保育園の民営化問題ばかりを追い続けていた私には、カルチャーショック。
子どもの問題には切り口を変えて取り組まなければならないと、自戒した次第。

あと、「脱原発プロジェクト」の座長として、市内測定の予定を立てるのも
仕事のひとつ。
明後日はいよいよ、JRの車内を測る。
市民の方から、あの公園を測ってほしいという要望も入り始めた。
新しい測定器は、毎日活躍していますよ!

  1. 2011/10/17(月) 23:32:46|
  2. ネット活動|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。