大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

出ました!佐倉市の放射能独自基準。

9月に入って、全国の市町村が放射能問題に対し、急にあわただしく動き出した。

今まで、腰に鉛が入っているんじゃなかろうかと思うほど腰が重かったわが佐倉市も、
バタバタと突然動き出した。

その原因は、8月26日に国が出した「除染に関する緊急実施基本方針」。

方針の中では、
①年間の空間線量が20ミリシーベルト以上の地域
②   〃    1~20ミリシーベルトの地域
③   〃    1ミリシーベルト以下の地域

と分類され、それぞれきめ細かい対応を市町村に求めている。

一番大変なのが、同日に出た「市町村による除染実施ガイドライン」にのっとって、
市町村が策定する「除染計画」だ。
この計画は②の1~20ミリシーベルトの地域が対象である。

で、わが佐倉市はなんと、②に当てはまるというのだ。
で、昨日のヒアリングで分かったのだが、佐倉市がようやく独自の暫定基準値を設けたのだ!

それは・・・ 0.223μシーベルト
ちょっと複雑な計算をすると、これで年間1ミリシーベルトになる。

今後、この0.223が物差しとなり、まずはこれを超えた地点から除染が進んでいくだろう。

  1. 2011/09/09(金) 03:14:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |