FC2ブログ

大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

~泥との闘い~ 長野県千曲川の氾濫リポート その②

11月3日(日)
前回の続きです。①からお読みください。

千曲川の決壊箇所6つのうち、最大規模の長野市穂保地区。
川に沿って広い河川敷があり、リンゴ畑が広がる。
その奥に堤防があり、台風19号の豪雨により川の水が溢れ、
ここで堤防を乗り越えた。
ゆるいカーブの場所であり、水がたまりやすいと言う。
千曲川カーブ地点
(NHK」「クローズアップ現代」から)

こういう地形にある堤防は、至急鋼矢板を打ち込む工法で補修強化を急ぐべし!
日本の堤防は土だけで出来ているので、越水した水にえぐられ、破堤してしまうのだから。


堤防の内側(陸側)の写真がこれ↓
DSC02382.jpg

決壊場所から数百メートル離れているが、人の背丈を優に超すまで水位が上昇した。
泥が30センチほど溜まっている。

DSC02388.jpg
ここもリンゴ園が広がっているが、一度川の水をかぶったリンゴは全て廃棄処分される。
川の水には雑菌や有害物質が含まれている。
雑菌は、リンゴの皮から中にまで入り込むので、表面をいくら洗ってもダメだとか。


DSC02389.jpg
私たちと入れ替わりに、災害ボランティアの若者たちが作業を終え、堤防を上って行った。
今日は土曜日なので比較的ボランティアが多かったが、被災直後に比べると人数が減ってきているそうだ。
「水が引いて、終わり」みたいな報道がされるので、本当に人手が必要なその後の作業に人が集まらない。
福島原発事故のあとも感じたが、粘り強くフォローする報道が、どんな災害の時も必要だと、痛感する。



DSC02392.jpg
リンゴ畑を抜け、住宅街に入ると、泥また泥。



DSC02391.jpg
消毒用の、これは消石灰?
佐倉市の場合は「消毒液」だった。
消石灰は水に溶けると強アルカリ性になるし、効果はどうなんだろうか?



DSC02393.jpg

DSC02395.jpg
水の跡が家の壁に残っている。
ここはまだ低いほうで、奥のほうには2mを超える痕跡ラインが残されていた。


DSC02398.jpg
貞心寺というお寺が、災害ボランティアの拠点となっていた。
人手がもっと、もっと、必要だ。


DSC02399.jpg
しかし、膨大な量の泥を掻き出す作業は、人力では限界がある。
写真のようなショベルカーが泥を掻き出す様子を見たが、圧倒的なパワーだ。
人手と同時に、重機とそれを操作する人員を手厚く配置することも重要だ。


DSC02401.jpg
長野も復旧には、膨大な時間がかかるだろう。



DSC02400.jpg
この果てしない泥との闘いがこれからも続く。


DSC02405.jpg

出荷直前に泥に埋もれてしまったリンゴの姿に、亡くなった方々の無念さが重なる。

今後も続くであろう豪雨被害にどう向き合うか。
私たちに課された課題は泥のように重い。








  1. 2019/11/03(日) 14:38:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム | 次のページ→