FC2ブログ

大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

朝からてんこ盛り、市議選、県議選、市長選

11月29日(木)

11月25日は超、なが~い1日だった。
午前中は、中央公民館の市民活動フェスタへ。
年に1度、ボランティア団体や、市民活動団体が一堂に会する大イベント。

市議代理人候補の川口さんも、「せっけんの街」で
♪ いらっしゃいませ~ ♪
DSC00814.jpg

2時間では回り切れないほど、充実した展示や企画。
シルバー麻雀の部屋は、熱気でむんむん。
市内オストメイト調査には感心しきり。

有機野菜もどっさり買って、急いで帰宅し、
午後から開かれる市民ネットワーク千葉県の
2019年度統一地方選に向けて
政策発表と第1次候補者発表会
に出席。

保坂展人世田谷区長の基調講演のあと、
第1次の代理人候補者の初お披露目となった。
DSC00823.jpg

松島さんの名前の字が違っている!
正しくは、「こづえ」ではなく「こずえ」です。

DSC00827.jpg
マイクを握る伊藤とし子。(県議代理人候補)

佐倉の高校の統廃合や、再生土の悪臭問題、八ッ場ダムと霞ケ浦導水
そして、種子法廃止に対応する県条例など、
「喫緊の課題にきっちり取り組みます!」と、強く、熱く決意表明。

川口さん、松島さんも、なかなか落ち着いて
新人らしい初々しさをアピール。

保坂さんはこのあと、夜の佐倉での集会の講師も
お願いしているので、急いで一緒に佐倉へGO!
その前に、写真をお願いした。
DSC00818.jpg

さて、いよいよ夜は佐倉市長選キックオフ集会
清田のり子とまちづくりを語る会


まずは保坂世田谷区長による「まちづくり講話」。
保坂さんは米国オレゴン州のポートランドに惚れぬき、
今年で4回も訪れて、世田谷のまちづくりの参考にしている。

1970年代は公害の街だったポートランドが、
いかにして「全米1住みやすい憧れのまち」になったか。
歩いて20分のところに何でも揃うまち。
都会と自然が程よく交わり、
古い建物を洒落たカフェに変えるまち。

公共交通(バスや電車)と人しか通らない橋もある!
(保坂さんのパワポより)
ポートランドの橋

このあと、今夜の主役、清田のり子の決意表明。
30分間、落ち着いたアルトの声が、満席の会場に響き渡った。

市民不在、側近政治の佐倉から
市民が主役、市民が真ん中の佐倉に変える!

清田さんと保坂さんの対談が続いた。
DSC00829.jpg

清田さんの公約のひとつ
「黒塗り公用車は廃止」にひっかけて、
「保坂さん、黒塗りに乗ってます?」とたずねたら
「もちろん、乗っておりません!」と即、返ってきた。

保坂さんの話の中で、特に、公契約条例を作り
建設現場の労働環境を守ることが、人も仕事も循環し
好景気を生むという件が、非常に胸に響いた。

清田さんは、給食無償化や子どもの医療費無償化の拡大を
公約に掲げている。
「財源はどうするんだ」とよく聞かれるが、
子どもたちやママパパに優しいまちづくりが人を呼び、
市民税が増えるという好循環を生み出す。

会場では例の「いいね!佐倉」缶バッジが大人気。
伊藤弁護士との2連ポスターが華やかな気分を盛り上げた。

なが~い1日は、到底ここで書ききれない。

午後から夜9時まで、サンドイッチだけで頑張ってくださった
保坂区長、本当にありがとうございました。

会場から応援メッセージをくださった渡辺雄二さん、
「駅前の飲み屋を、まずは活性化してほしい」
深くうなづいたワタクシでした。

「それだけじゃないだろー!駅前がさびれていくのは全国共通。
なんとかしたい、してほしい」と思われる方、
ここをぽちっと押してくださると、助かります。
  ↓

  1. 2018/11/29(木) 16:25:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム | 次のページ→