大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

やっぱり危ない!安倍首相が登場する道徳教科書

11月9日(木)記
以前にも「道徳教育が危ない」記事を書いた。
(ブログ進む土手かぼちゃ教育

事態はさらに悪化!

わが佐倉市は、一番問題の多い教科書を採択してしまった!
教育出版

例の、新しい歴史教科書の「育鵬社」の関係者が編集にかかわり、
育鵬社のダミーと呼ばれる教科書である。

【教育出版のどこが問題か?】
8種類ある道徳の教科書の中で、もっとも戦前回帰の臭いが強い。
たとえば、4年生にはこんな人物が登場する。
ninoiiya.png

おなじみ二宮金次郎!
堂々の復活である。
薪をしょいながら、勉学にいそしむ。
朝から晩まで家族のために働き、立身出世!

金次郎さん自身は立派な方だけれども、
これって、今の価値観からすれば、児童労働推奨だし、
「自己犠牲」の押し付けにならないか。

次はこの方。
nitobe.png

武士道で有名な新渡戸稲造。
教育出版4年生版では、武士道はこう記述されている。
「武士道とは、家族や年上の人を大切にする、年下の人の世話をする、
自分勝手な行動をしない、など人が守るべき心得」
そして、「武士道の究極の理想は『平和』である」と続けるのだ。

なるほど、個人の考えや行動より、年齢序列、身分で人を判断し、
わがままを言わなければ、世の中平和だよ、ということか。

また、「君主のためなら腹をも切る」という武士道のテッペン思想には
全く触れていないのは作為的か。

それから、大企業の創始者のサクセスストーリーも数多く登場する。
①松下幸之助 (パナソニック)
matusita.png

②石橋正二郎 (ブリヂストン)
isibasi.png

taiya.png

③豊田喜一郎 (トヨタ)
toyota.png

これら企業人の大成功ぶりを記載して、子どもたちに奮闘努力を
勧めるのだろうが、
文科省の教科書検定基準では
特定の営利企業、商品などの宣伝
を禁じている。
これに、大いに抵触しているのではないか。

あと、いろいろ問題は多い教科書だが、一番問題のある人物が登場する!
この方!!!
abeinbobsray.png

ご存知、安倍首相である。

掲載されているのは、「下町ボブスレー」という単元で、
下町の小さな工場が、すぐれたボブスレーを開発するという話だが、
上の写真は、その話とは全く関係がない。

実はこの写真、半田薫著「下町ボブスレー 世界へ、終りなき挑戦」によると、
自民党本部で開かれたイベント会場にボブスレーが持ち込まれ、
それに乗り込んだ安倍首相を撮っただけの話なのだ。
また、政党内でのイベントだから、アベ首相ではなく、アベ総裁とすべきだろう。

これも、特定の政党に偏ることを禁じている検定基準に違反している!!!

しかも、この写真にはもうひとつ大問題がある。
実は、左端の人物がカットされているのだ。
オリジナルの写真はこれ↓
amari.jpg

そう、カットされている人物は甘利明元大臣である。
この方、千葉県を舞台にしたURの口利き疑惑で、病院に雲隠れした人物。
さすが、道徳の教科書!
これはマズイと、急きょカットしたのだろう。
しかし、全部、マズイでしょ!!!

【なぜ、佐倉市など印旛地区で
この教科書が採択されたか?】


ずばり、この方を載せている唯一の教科書だから、という説もある。
nagasima.png


【アベ首相のもくろみ】
今回の衆議院選挙では、10代、20代の若者の7割が自民党に
投票したといわれている。

なぜか?
私は、そこに、この10年間の学校教育が大きく影響しているのではないか
と考えている。

アベ第1次内閣で教育基本法を改悪
それまで「教育は、不当な支配に服することなく」とされてきたが、
この改悪によって、「法律の定めるところにより」という文言がつけられ、、
行政側の介入が格段にしやすくなった。

また、愛国心と郷土愛が強調され、中学校での武道が必修化された。

権利よりも義務が強調されてきた。

若者が保守化する傾向に、さらに拍車をかける事態が
来年から始まる小学校の道徳の教科化だ。

教育出版のような教科書が初めて導入される。
そして、先生が、子ども一人ひとりを「評価する」とされている。
つまり、
「道徳=心の領域」を、ひとつの物差しで測ることになる。

再来年は、中学校の道徳が教科化される。

道徳の問題をパワーポイントにまとめました。
印旛郡内で時間が許す限り、「出前上映会」をいたします。
2,3人でも結構です。
お声掛けください。

道徳って、どうトクする、より、どうソンじゃないの?って思われる方は
どうぞ、こちらをぽちっと押してくださいませ。
  ↓

  1. 2017/11/09(木) 13:52:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |