大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

コイケにはまって、さあ大変! 千葉9区のどたばた劇

10月8日(日)記

皆様、大変ご無沙汰しました。
2か月近く、ブログをさぼってしまい、
ついに、スポンサーサイトがついてしまいました。pekori.jpg

いやはや、今回の衆議院選挙ほど、毎日情勢がくるくる変わる選挙はない。

安倍首相が、モリ・カケ疑惑からトンズラするために仕組んだ解散、総選挙。
そのあとの、「緑のタヌキ」小池氏と「口だけ番長」前原氏が手打ちをしての
合併吸収劇。

続く第2幕は、
ヒットラーもかくあるや、と思わせる小池氏の民進党内リベラル派の選別・排除。

それも「想定内」と言い放った前原氏の心中やいかに!
知らないで小池氏の口車に乗ったと言えば、「私はアホです」というようなもんだし、
知ってて乗ったのだと言えば、「私は世紀の裏切り者です」と告白するも同然。

さすが、口だけ番長の前原氏は、「アホです」よりも「裏切り者です」を選んだと
いうところか。
実際は、アホな裏切り者だけどね。

そして、第3幕!!!
おんだされて、怒り心頭の枝野氏が、ピカリ新党を立ち上げた。
立憲民主党

待ってました、大統領!

行き場のなかったリベラル層の受け皿がようやくできた。
しかし、時間があまりにもない。

今回の選挙で、自民党が結党以来、はじめて改憲を公約に盛り込んだ。
小池新党(「希望」などという言葉はふさわしくないので使いませぬ)も、ゴリゴリの改憲派。

ほんとは、安倍首相と小池氏は、喧嘩しているふりをして、裏で手を組んでいる
可能性がある。
小池新党が大躍進してもしなくても、両者が組めば憲法改正は一気に進む。
さらに、維新が補完し、盤石の構えだ。

何が、「安倍政権を倒す」ための政権だ!
小池新党の右翼番頭中山氏は、「首相は安倍さんでいい」などと放言。
安倍と小池が「おもてなし(ウラばかり」コンビだということを暴露した。

これで改憲派は、衆議院465議席のうち、400議席に及ぶ見通し。
なんだ、解散前よりも情勢は劇的に悪化したではないか。

しかしともかく、平和と民主・立憲主義を守る勢力を応援するしかない。

わがさくら・ネットは、これまで千葉9区の民進党奥野総一郎氏を、
ある時はおおっぴらに、ある時はひっそりと、長年応援してきた仲だ。
それが、奥野氏の今回の鮮やかな手のひら返しウルトラC
を見せつけられ、大いに怒り、落胆している。

聞けば、奥野氏への公認は、小池新党立ち上げの直後から内定していたという。
しかも、テレビのインタビューで、
「自分は本当は安保法制には賛成だが、上から言われて反対していた」という
趣旨の発言をしたから、世紀のバカ正直者!

この前後の彼の、これまで見たこともないようなサバサバした明るい笑顔が
コケにされた私達の眼にはまぶしい・・・

本来、保守本流の人だとは思っていたが、これまで「化けの皮」を着せられて
さぞかし、息苦しかったんだろうね。

追い打ちをかけるように、奥野氏はこうも言った。
「これで、保守層の票も取り込める!」

おい、おい、これまで応援してきた我らリベラル層には
「今までお世話になりました」くらい言えないのか。

1区の田嶋要氏(小池新党入り)も、本来保守系の人だとは思っていたが、
そこはちゃんと、「苦渋の選択」と表明している。

さて、そういうわけで、わがさくらネットは次のように決めた。
選挙区は自主投票。
比例は立憲民主党。

この詳細については、さくらネットのホームページの表紙に掲載した声明文を
ごらんください。
http://www.sakura-siminnet.com/

そして、千葉9区市民連合は、大議論の末、共産党のかもしだ安代氏に
推薦を出すことに決定。
公示前の2日間で、千葉9区内で街頭宣伝活動をすることになった。
大慌てで作成したチラシはこちら⇒ チラシ

「アベ・コイケ」ファシスト集団によるリベラルせん滅作戦は
なんとしても阻止しなければならない。

でも、先週議会の視察で行った栃木市で、ふと見かけた民家に
こんな素敵な垂れ幕が貼られていた。
IMG_3392 (5)

そうだ、ひとりひとりが、この「憲法9条世界の宝」という言葉を
心に焼き付けるよう、がんばろう!!!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
コイケ新党に騙されないぞ、と思われる方はどうぞ、ここをぽちっと押してくださいませ。
   ↓



  1. 2017/10/08(日) 15:44:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |