大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

案外、仲良し?ジチタイ&ジエイタイ

8月30日(火)記

セミしぐれがいつの間にか、秋の虫のすだく音に・・・
またもやご無沙汰つかまつり、反省しきり。

8月議会が始まった。
こんな歳になってまで、夏休みの宿題に追われるように
議会質問の準備にテンテコマイの毎日。

今回取り上げたのが、自治体と自衛隊とのあやうい関係

片や、住民の暮らしをサポートするサービス機関。
片や、災害時には頼もしい助っ人となるも、いったんコトがあれば、
敵なる存在を殺生せしめることも可とする武力集団。

佐倉市は、新入職員の研修をここ何年か自衛隊で行っていた。

2年前にこれについて書いた拙ブログはこちら↓
http://kurakurasakura.blog.fc2.com/blog-entry-608.html

市長いわく
自衛隊では規律を学べる!チームワークを学べる!時間が守れる!
決して火器銃砲を持ったりしないし、戦車に乗ったりもしない。
ほふく前進の訓練はするけど、災害時、建物倒壊の現場で、隙間を縫って
住民を助け出すのには役に立つ・・・

と言うことだったが、住民の日々の暮らしに寄り添って、
きめ細かなサービスを提供する仕事とは、
余りにもかけ離れているだろう!
と、こちらも粘りに粘って戦った。

おかげさまで、昨年より自衛隊の訓練は中止になり、
消防署での訓練に切り替わった。
めでたし、めでたし・・・

とは、行かなかった!!!

自衛官募集事務に自治体は協力する義務があるのだ!

自衛隊法第97条にはこう書かれている。

都道府県知事及び市町村長は、
自衛官及び自衛官候補生の募集に関する事務の一部を行う。

なので、佐倉市も、毎年市の広報に「自衛官募集」の記事を載せている。
「こうほう佐倉2015年9月1日号」↓
自衛官募集

で、ことはこれだけに留まらなかった。

何年かに一度、募集事務の研修のため、自衛隊のあちこちの部隊に
1泊二日で出かけているというのだ。

参加しているのは
千葉市、柏市、船橋市、市原市、茂原市、成田市

成田市は佐倉市と数年ごとに交代している。

佐倉市が前回(平成24年)参加した研修の行程は
1日目 駒門駐屯地(静岡県御殿場市)
     静浜基地(静岡県焼津市)
2日目 陸上自衛隊広報センター(埼玉県朝霞市)
     下総航空基地(千葉県柏市)

自衛隊法には、市町村がやるべき自衛官募集事務として
・志願者の年齢や背景を調査
・志願者に受験票を交付
・自衛官募集の広報宣伝
くらいしか載っていない。

なぜに、わざわざ、自衛隊の駐屯地に?

と市の担当に聞いてみたところ、
自衛隊のことをよく知る必要があるから
ということだった。

ほかの市も大体同じことのよう。

昨年9月、安保法制が成立し、自衛隊の任務が大きく変わった。
安倍首相は先週、海外で武力行使をするための訓練をスタート
させると発表した。
11月には陸上自衛隊が南スーダンに派遣される。
武器を使って国連職員らを救出する「駆けつけ警護」が
現実のものとして迫ってきている。
交戦状態に入ったら・・・

自衛隊の中身が大きく、きな臭く変わるというのに、
自治体が今まで通り、
自衛隊の宣伝のお先棒をかついで
いいのか?!


若者を戦場に送る事務に手を貸して
いいのか
?!


この観点で、9月8日(木)午前11:00~12:00、
一般質問をします。
インターネット中継もしていますので、良かったら見てやってください。

それにしても
ジチタイジエイタイ
よく似た名前である・・・

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
ジチタイとジエイタイの中身まで似たら絶対困ると思う方は
どうぞ、ここをポチッと押してください。
  ↓

  1. 2016/08/30(火) 21:51:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム | 次のページ→