大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

大変だ! オスプレイが木更津にやってくる!!

10月26日(日)記

東京新聞に「オスプレイ なぜ木更津に」という記事が出た。
木更津市内では、反対派の市民が大規模な集会を昨日開いている。

オスプレイは、米軍が開発したヘリコプターと飛行機を合体させた軍用機。
ヘリのように垂直飛行ができ、また飛行機のように平行飛行ができ
長距離飛行も可能。
軍用機として夢のような兵器だ。

ただし高い。
1機140億円と言われている。

難点は、プロペラを平行飛行から垂直飛行に切り替えるとき、
スムースに切り替えが行かず、バランスを崩しやすいこと。
事故が世界中で多発し、一時期は、「未亡人製造機」と呼ばれた。

事故の映像はインターネットで数多くみられる。
そのひとつ↓
事故の動画

その危険なオスプレイが木更津にやってくる!!!
これです。↓
300px-USMC-120131-M-AF823-086.jpg

数日前、千葉県議会に配られた文書を入手。
防衛省が「木更津に決めたけど、あんたら心配せんでエエよ」と
千葉県と木更津市に寄越したものだ。

以下がその内容。
赤い字は私のコメント。

Q. なぜ木更津の自衛隊駐屯地なのか?
A.オスプレイの離着陸に必要な滑走路がある
 えええーっ、オスプレイって、垂直飛行ができるから、
 ヘリのように どこでも離着陸できるんじゃなかったっけ?
 滑走路はいらないはずでしょ?


・すぐ横が東京湾であり、市街地の上空を飛ばずに海から進入できる
  沖縄でも最初は民家の上は飛ばないという約束だった。
 ところが普天間基地をはじめ、どこもすぐに民家の真上をビュンビュン
 飛び回るようになった。」

・おあつらえ向きの格納庫がある
・既に、木更津基地にはヘリコプター部隊がある

では、グーグルアースで見るとーーー
まず木更津市↓
木更津市

自衛隊木更津駐屯地を拡大↓
自衛隊木更津駐屯地

また、文書の内容に戻る。
木更津基地で何をやるのか?
・定期的な機体分解・整備をやる
・整備した後、地上テストを行う
・オスプレイは5~6年に1度整備が必要
・機体整備をするのは自衛隊ではなく、民間企業。
・自衛隊は、格納庫を貸すだけ。

いつから来るのか?
・米軍のオスプレイ(普天間基地にいる24機)は、平成29年ごろから
・自衛隊のオスプレイ(17機)はこれから購入するので、平成36年から。
・年間5機程度が木更津に来る予定
・米軍の管理職員が数名、木更津基地に常駐し、米軍パイロットもやってくる。

で、ここからが大問題。

機体整備する民間企業は、これから米軍が国際入札を行って決める。
国際入札なので、日本企業が受けるとは限らない。
げんに、韓国の企業も参加する見込みだ。
もし、外国企業に決まった場合、当然、木更津の基地は使用できない

えええーっ!
まだ米軍が木更津基地を使うか
どうかも決まっていないのに、
なぜ、早々と今決めるのか


自衛隊は平成30年度末からオスプレイを順次購入する。
17機揃うのは、ずいぶん先の話になる。
ますます、今、木更津に決める必要性はなくなるではないか?!

疑問がむくむく・・・
と、さすが東京新聞は、この疑問について鋭い取材をかけていた。
それによると・・・

自衛隊はこれからオスプレイを順次17機導入する。
機体の定期整備に入るのは今から10年後だが、
今、米軍機を木更津に配置すれば、機体整備の一部始終を見られる!

なんと、研究目的のために木更津に持ってこようとしているのだ。

もちろん、米軍のオスプレイを囲い込んでおけば、
より一層、日米の仲良しこよし軍事同盟の絆が深まるというもんだ。

今日は夕方から、富里で開かれている太陽の市に。
政策調査室の吉沢さんが夜のセッション「ジュゴンの海」で、
沖縄基地問題について話をする、というので一緒に参加。
吉沢さんは当然、木更津のオスプレイ問題にも触れた。

オスプレイの利点は、「大量の兵士を運ぶことができる」というものだったが、
いっぱい詰め込むと、垂直飛行が困難になり、ふらついて大事故になるという。
なので、今は「いっぱいにしない」が鉄則となっている。

会場の公園には、ジュゴンの絵が描かれたインディアンのティピーテントが建てられ
夜はライトアップ。
tipitent.jpg

オスプレイをはじめ基地問題では、「地元の同意を得る必要は全くない」
と政府は胸を張る。
住民より、アメリカさま。
安全より、アメリカさま。
何がなんでも、アメリカさま。

ああ、日本はいまだアメリカの植民地なんだと、
会場で買った「玄米おにぎり」をほおばりながら、
つくづく思う富里の夕暮れであった。


今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければ、ここをポチッと押してくださいませ。
    ↓

  1. 2014/10/26(日) 14:18:47|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム | 次のページ→