大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

再びのいわき市 震災情報連絡センターその②

4月30日記

さて、4月26日、前日の研修&総会のあとの懇親会、
結構飲んだにもかかわらず、寝起き総会、いえ、爽快。

バス視察前に全員で集合写真。
iyuttarikann.jpg

バスには、除染作業員さんたちの労働問題に取り組んでいる
いわき自由労働組合の桂さんが乗り込み、
除染労働の過酷な実態を話してくださった。
shokichou.jpg

除染作業は、清水建設や鹿島JV、前田・鴻池など
有名大手企業を1次請けとして、2次、3次・・・6次、7次と
孫請けどころか、そのまた孫のそのまた孫、底なし沼のような
多重請負が当たり前の世界。

当然、ヤ○ザもしっかりとからんでくる。
まさに闇の世界。
環境省が決めている危険手当1万円が、作業員にそのまま渡ることはない。
そこを指導されると、本給のほうを削ってくるという。

フクイチ敷地内で働く作業員の話は衝撃的だった。
タイベックス(防護服)を着て作業するのだが、
トイレの時はいちいちタイベックスや手袋を脱ぎ、終われば
また新しいのに着替えなければならない。
しかし、時間がかかってしようがないので、タイベックスの中に
垂れ流してしまうことが多いという。
あああ…

また、線量計が放射線オーバーで真っ赤になっていても
大方の人がそのまま働き続けるのだとか…

除染を1年半やった作業員Aさんが、思い立って自分の内部被ばく量を調べた。
CPSとは、毎秒放射線を何回受けたかを表す数値。
1500を超えるとかなりヤバいという。
結果は、1480CPS!
あああ…

バスは楢葉町へ。
楢葉町は避難解除準備区域となっていて、
年間20ミリシーベルト以下になれば帰還できる。

しかし、まだ壊れたままの家も多い。
house.jpg


ときおり、昼間自宅に帰っている人影をちらっと見るが
ほとんど人の気配もなく、目立つのは除染廃棄物を詰めた黒いフレコンバッグ。
josen.jpg

佐藤和義さん(いわき市議)が、昔遠足で来たという「天神さん」。
高台にあるので見晴らしがすこぶる良い。

tenjinsan.jpg

煙突は広野火力発電所。
私たち、首都圏に電力を供給している。
白いシートで覆われているのは、大量のフレコンバッグ。

バスは富岡町に入る。
持ちこんだ線量計の数値がじりじりと上がっていく…

車内のあちこちで、
「あっ、1マイクロ超えた!」
車内でこうだから、車外は推して知るべし。

去年も来た無人の街。
「死の町」と言って更迭された民主党政権の大臣がいた。
本当のことを言って更迭されるおかしな国。

そして去年も来た「これ以上は立ち入り禁止」ゾーン。
kinshizone1.jpg

遠くに閉鎖されたゲートが見える。
立っているふたり、マスクをしていないようだが???

こちらも閉鎖ゾーン。
kinshizone2.jpg
右手に見える白い壁の家の雨どいの下は、
なんと120μシーベルトだったとか。

途中で見た線量表示計の数値は…
senryou.jpg

5.474μシーベルト

漫画「美味しんぼ」の主人公が福島原発に入り、帰宅してから
鼻血を出すシーンが「風評被害」を招くと批判している人が
いるということだが、そう言う人は、この線量計の数値を
どう捉えるのか?

「事実」を伝えることが、「風評被害」になるおかしさ。
「事実」を覆い隠すことが、「復興」になるおかしさ。

そして、昨年も来た富岡駅。
station.jpg

ここは海が近いので線量はかなり低め。0.2~0.3μシーベルト。
外に出て歩いていると、工事現場で女性のガードマンさんが立っていた。
きちんとマスクをしたこの方から、
「マスクをしたほうがいいですよ」と注意された。

再びいわき市に戻るバスから見た作りたての防潮堤。
line.jpg

昔から津波を防いできた有名な松林「道三林(どうさんばやし)」の切れた先に、
ずーっと、海岸線に沿って続いている。
海が見えない。
潮の香りが届かない。
忍び寄る津波に気づかない…

再びの楢葉~富岡町バスツアー。
そこに見たものは、昨年とほとんど同じ景色。

時間だけが経過し、
防潮堤だけが作られていき、
人々の暮らしは取り残されていく。

本当の復興とは、人々の思いと暮らしに寄り添うことではないか。

子どもたちの健康を心配して避難している親が非難される現実。
この痛ましい現実に政府は全く聞く耳も、見つめる目も持たない。

私たちに何ができるか

再びのいわき市は、
再びの難題を私たちに提示して、
再び遠ざかっていった。


今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら、ここをひと押しお願いします。
  ↓

  1. 2014/04/30(水) 20:59:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム | 次のページ→