大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

今どき巷に流行るもの、貧困ビジネス、無料低額宿泊所

貧困ビジネスってご存知だろうか?

湯浅まことさんが命名したビジネスで、生活保護を受けている人から
お金を巻き上げる商売のことである。

ただでさえ困った状況の人の身ぐるみはいでしまうとはなんとも
ヤリキレナイ商売があったものだ。

その典型が無料低額宿泊施設

略して、無低(むてい)と呼ばれるこの宿泊所、無料などとんでもない。
低料金でもない。
一度入ったら出られないアリ地獄のような場所である。

今日、県ネットでこの貧困ビジネス、「無低」についての学習会があった。
講師は若い弁護士の常岡久寿雄さん。

生活保護を受ける人は今すごいバッシングを受けているが、
どうしようもない排除を受けて、貧困に陥る人がたくさんいるのも実情だ。
常岡さんは「5重の排除」という言葉を使った。
①教育からの排除(所得と学歴は比例する)
②企業からの排除→ 仕事につけない。
③家族からの排除→ 帰る場所がない。
④公共サービスからの排除→ 本来受けられる公的サービスを受けられない。
⑤自分からの排除→ 自分を大切にしない。

生存するために、生活保護を受けようとしても、住む家がなければ
受給できない。
そこを貧困ビジネス(無低)はつけこむ。
住むところを世話してあげるから、入居しろと勧誘する。
ひどいことには、市の生活保護の窓口で職員が無低を紹介するのである。
面倒なケアを避けるため、まるごと無低にお任せしてしまうというから
救われない!

連れていかれたさきが、1室に5人も押し込まれるタコ部屋もどき。
八千代市にある有名なNPO法人が経営する無低の見取り図をご覧いただきたい。

__ (4)

ちょっと不鮮明だが、ずらりと横に6室、3列に並んでいる。
その狭い1室に5人入るというから驚きだ。
一人のスペースは布団をようやく敷けるほど。

__ (5)

真ん中の写真に布団が写っている。
この布団は前に住んでいた住人が使っていたのを、ただ日に干しただけという。
左の写真を見れば、ベニヤ板1枚で仕切られているのが分かる。
プライバシーも何もない。

そして驚くなかれ、無低にふんだくられる料金!
住宅費4万6千円。
食品2万9千円。(朝と夜2食だけ。粗悪なメニューが多い。
        ある無低ではインスタントラーメンを食べさしていた!)
光熱水費1万1千円。
お風呂は2日に1回。トイレ共同、共益費2000円。
合計8万8千円
手元には3万円ちょっとしか残らない。
中には、全額無低が管理しているケースも3割ほどあるとか。
むろん、更にピンはねしているんだろう。

経営している無低の多くがNPO法人を取得している。
NPOって非営利でしょうが!!!
それで、ぼろもうけをしていいのか?!

千葉県にはこのような無低が
届け出をしている施設   49か所(ただし柏市の数字が載っていない)
届け出をしていない施設 985か所
全体で1000を超えてしまっている。

こんなに劣悪な環境で、入居者はなぜ黙っているのか?
理由①ホームレスよりはいい。
  ②民間のアパートには入れない。
  ③住む家がないと生活保護を受けられない。

常岡さんは困っている人がいたら、まずは相談してほしいという。
所属する「たすく法律事務所」のURL↓
http://www.tasuku-law.com/
八千代市の無低をめぐっては、4人の入居者を原告にして
今、裁判を起こしている。

しかし、行政ぐるみでこのようなビジネスを助長しているとは、
本当に日本はひどい国になったものだ。
常岡さんのような「弱きを助ける」弁護士がもっと増えてほしい。

  1. 2012/09/30(日) 22:39:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム | 次のページ→