大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

被曝労働者の悲劇は今も続いている

ひどいニュースが流れた。以下引用

<急性白血病>福島第1原発作業員が死亡 東電が発表
毎日新聞 8月30日(火)13時0分配信

 東京電力は30日、福島第1原発で作業に携わっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。外部被ばく量が0.5ミリシーベルト、内部被ばく量は0ミリシーベルトで、松本純一原子力・立地本部長代理は「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明した。
 東電によると、男性は関連会社の作業員で8月上旬に約1週間、休憩所でドアの開閉や放射線管理に携わった。体調を崩して医師の診察を受け急性白血病と診断され、入院先で亡くなったという。東電は16日に元請け企業から報告を受けた。事前の健康診断で白血球数の異常はなく、今回以外の原発での作業歴は不明という。【林田七恵】
引用終わり

またもや出ました!「因果関係なし」⇒「東電に責任はございません」
原発で作業員として働いていて、急性白血病で倒れたら、それは放射能が原因でしょう!

ここで思い出すのは、ある若い作業員の死だ。
浜岡原発で中電の孫請け会社の作業員として働き、わずか29歳で慢性白血病のためになくなった嶋橋さん。
テレビや新聞でも報じられたので、ご存じの方も多いだろう。

嶋橋さんの場合、全被ばく線量は、五〇・六三ミリシーベルト。
年間では最多の年でも九・八ミリシーベルトで、法令で定める放射線作業従事者年間被ばく線量限度の五〇ミリシーベルトを大きく下回っていた。

そのため中部電力は作業との因果関係を一切否定していたが、嶋橋さんの残した詳細な作業手帳を慶応大の藤田祐幸助教授が分析。
見事因果関係を立証し、3年後ようやく労災認定がおりたのである。

原発は、コントロール室からコンピューターですべて制御しているように誤解されがちだが、実際は、事故を起こさないために最も大切な整備や検査は、嶋橋さんのような下請け作業員の手に頼らなければ動かせない。
そのため、現場では多くの下請け作業員が危険と背中合わせで働いている。
ほとんどが、孫請け、ひ孫請け、そのまた孫請け… 5重、6重の下請けとなる。
もちろん、途中で報酬はどんどんピンはねされ、作業員の手に渡るお金はごくわずかだ。

こういう話を、一昨日に佐倉で行われた内藤新吾さんの学習会で、いろいろ聞いたばかりだ。
内藤さんは、キリスト教の牧師さんで、「原子力行政を問いなおす宗教者の会」の事務局をなさっている。

内藤さんから聞く被曝労働者の実態は、想像を絶する過酷なものだった。
作業員の多くは、孫請けや4次・5次請け以下の人たちで、その中にはドヤ街などで仕事を求めて集まってくる人たちもいる。
現場に入ればまず人間扱いはされない。
身につけていなければならない線量計は、こともなげにはずされる。
いくら線量が高かろうと、お構いなしに仕事をさせ続けるために…
現場は身動きもとれないほど狭いところが多い。
3970.jpg

溶接作業現場は灼熱地獄だそうで、思わずゴーグルを取ってしまう作業員も多いとか。
飛び散った放射性物質は容赦なく、目の粘膜から体内に入る。
また、作業は時間との勝負なのでトイレにも行かせてもらえない。
現場の作業員
(「樋口健二写真集・原発」(三一書房)より
作業のあと、シャワーをあび(タワシで体をゴシゴシこすることも多い)、このようにハンドフットモニターで放射能の有無をチェックして初めて外に出られる。
現在は体表面モニターを使っているとか。

たいていが短期間のうちに体調を崩し、ぼろ屑のように捨てられていく。
そのあと、体がボロボロになっていく人たちに接してきた内藤さん。
多くが、労災認定はおろか、健康保険も持たず、ある日いなくなるとか。

今日報じられた作業員も、福島に入る前に、あちこちの現場を回って少しずつ被曝したのかもしれない。

これが先進国ニッポンの現状である。

嶋橋さんが亡くなってから10年。
今日飛びこんできたニュースは、今も全く変わらない日本の実態をいやというほど思い知らされた。

【おまけ】
内藤さんからもらった資料。
マグニチュード7以上の大地震が起きている場所と、原発の位置が一目でわかる世界地図。
世界の原発と地震地帯

世界の原発はほとんどが大きな地震が起きないところに立っている。
しかし、日本は!!!
原発を表す黒丸と、地震の巣を表す赤丸とで、日本列島はすっぽりと覆われてしまった…



  1. 2011/08/30(火) 18:49:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム | 次のページ→