大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

【重要】秘密保護法は反故(ホゴ)にしよう!r

11月11日(月)

11月8日、ついに特定秘密保護法案が衆議院で審議入り!

ここにきて、ようやく、世間が騒ぎだしたが遅きに失する。
この法案は
百害あって一利なし

国民の「知る権利」を徹底的に否定し、
マスコミの報道は「大本営発表」ばかり。

原発事故が起きようと、汚染水漏れがひどくなろうと、
アメリカの戦闘行為に自衛隊がはせ参じようと
政府高官が収賄、汚職、不祥事を起こそうと、
全てはヒ・ミ・ツ! 藪の中。

そしてやって来る、茶色の朝。

脱原発の集会をやったら付け回され、
政府批判の文書を発行したら摘発され、
戦争批判などすれば即逮捕。

市民ネットおかかえ絵師、山本友子さんがこんなイラストを
描いてくれた。
イラスト秘密保護法

さて、滅入ってばかりはいられない。
すでに、国会周辺では、連日さまざまな抗議行動が始まっている。

皆さまに是非ご参加いただきたいのが
議員廻り

つまり、衆議院と参議院の議員事務所を訪れ、
直接議員に訴えるというもの。

初めての方でも大丈夫!
主催者から丁寧な説明があり、1グループ 7,8人で行動するので
口下手でも、引っ込み思案でも、口内炎ができていても
大丈夫!!!

下記の日程で行うので、都合の付く日に是非国会へ。

・11/13(水) 15:00~17:00 議員まわり 
・11/14(木) 15:00~17:00 議員まわり 
・11/18(月) 15:00~17:00 議員まわり 

参議院議員会館ロビー3時に集合してください!!
 
                 
また、抗議行動もあります!
11/15(金)14:00~15:00 
 @衆議院第二議員会館前
下記のブログにアップしました。
http://p.tl/L6Hx

ところで、ここだけの話。
今日、衆議院会館でちょっとした集会があったのだが、
そこで、山本太郎氏の秘書の方に会った。

話題はやはり、園遊会事件。

その人は天を仰いで、こう言った。

何しろ太郎さん、初めて参加したものだから勝手が分からず、
ここかな?と思って並んでいたら、
「お前、新人はこんなところに並んだらいかん」と追い出され、
次に並んだところも同様の追い出しを受け、
それでウロウロしていたら、
「いい場所を取ろうとしてセコク立ちまわってる」みたいな
ことを喧伝される。

今、マスコミが太郎さんをサンドバッグのように叩いているが、
「原発事故は収束した」だの
「汚染水は完全にブロックされている」だの、
大ウソをついた政治家はなぜ叩かぬ?!

  1. 2013/11/11(月) 23:06:14|
  2. 人権と平和|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

金曜デモで、あの「ボードで抗議」の女性が・・・

一昨日の金曜日、例によって官邸前金曜デモに参加。

メインブロックのシュプレヒコールの絶叫調が、私はあまり
好きではないので、いつもファミリーエリアに行く。

このエリア、司会進行のあすかさんがとても良い。
ちょっと、「歌のおねえさん」っぽくって、シュプレヒコールも
「再稼働、はんたーい!」などと絶叫するのではなく、
ちょっと小首を傾げて、手にはひまわりの花なんか持って、
足でステップを踏みながらやるのである。

ときに
「おさかな、たべたーい!」
「お野菜、たべたーい!」

そのうち、
「小さくなって、アリさんにな~れ」なんて言い出すのでは
ないかと、ひそかに期待している。

りりしくも優しげなアスカさんには中高年男性のファンが多い。
みんな、ちょっと恥ずかしそうな風情で、
アスカさんのシュプレヒコールにあわせてつきだす腕も、
まっすぐというより、右45度に傾いている。

それから、ここのプログラムがとても良い。
いろんな人がマイクを持ってしゃべる。
説教くさいおなじみさん、自己陶酔がたの弾き語りをする常連さん、
ういういしい高校生、
みんな結構スピーチが面白い。

で、おとといの参加者がこれまでになく良かった、感動した!
ひとりの若い女性、ホットパンツに黒いブーツという今風のファッション。
1冊の本を手に喋り出した。

「これは『福島のこどもたちからの手紙』という本です。
みなさんに是非紹介したくて持ってきました。読みます!」

「僕は大人になれますか」
「ほうしゃのうだいっきらーい」
「僕達はどうなりますか? いくつまで生きられますか? 福島県に住めますか?」
「不安。悲しい。腹立たしい」
「みんなをたすけてあげたいです」
「はやくおそとでおはなつみしたいです」

ひとつ、ひとつ、彼女は気持ちを込めて読み上げ、
そのうち、涙声になり、先に進めなくなった。
こちらも胸が熱くなった。
IMG_0699.jpg
(左でライトを持っているのがアスカさん)

なんて優しい人だろう。

そのとき、アスカさんがマイクを引き継ぎ、こう言った。

「みなさん、この方は、参議院選挙のときに、安倍首相の
街頭演説で、原発廃炉に賛成?反対と書いたボードを
かかげていた方です」

ああ、そうか、あのとき突然大勢の警官や自民党関係者に
取り囲まれ、ボードを没収されたあげく、執拗な尋問を受け、
あとで、教えていなかった職場の住所にボードが返されてきた、
という恐怖の体験をした女性だ、
そんな東京新聞の記事が頭に蘇った。

彼女は今もひとりで、東電や関電まえで抗議行動をしているという。

えらいなぁ。
しなやかで、したたかで、これぞハンサム・ウーマン!

彼女に比べりゃ、あのときたったひとりの女性を数人で取り囲み、
権威を振りかざして脅したり、わめいたり、はたまた住所を調べ上げる
という姑息な嫌がらせをしたり、
あなた方は、弱いものいじめして喜んでいる「権力の犬」ではないか。

今日は来て良かった。
こんな素敵な女性に会えたなんて。

ちなみに、彼女が持っていた本はこちら↓
福島の子どもたちからの手紙

さて、それからは怒涛のフィナーレへ。
恒例の「音楽隊」の演奏がドラマチックに鳴り響く。
ロックンローラーのダミアンさんも乗りに乗ってシャウト!
IMG_0708.jpg
(真ん中のジョジョっぽい立ち姿がダミアンさん。かっこいい!)

終わってから、東京駅で飲んだビールが超絶美味だったことは
言うまでもない。



  1. 2013/08/18(日) 23:13:01|
  2. 人権と平和|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

DVD「9条を抱きしめて」 元米海兵隊員があぶりだす戦争の実態と平和の尊さ

昨日、ネットの「憲法プロジェクト」メンバーでDVD観賞会。

元米海兵隊員だったアレン・ネルソンさんのドキュメンタリー。
これがDVDのパッケージ↓
nelsonDVD.jpg


アレンさんは1947年、ニューヨーク・ブルックリン地区で
私生児として生まれた。
極貧、人種差別、喧嘩に明け暮れる日々。

18歳になったアレンは、ある日海兵隊にスカウトされる。

耳元でささやかれる甘い言葉
「海兵隊に入って手柄をたてれば、君はヒーローになれるよ」

それまでのうっ屈した人生をリセットできるかもしれない。

実際、海兵隊の新兵たちのほとんどが、貧困層出身だと言う。

アレンはベトナムへ送りこまれる。
「ベトナム人は人間ではない」
「何の感情も持たない野蛮な動物だ」などと
叩き込まれて、毎日殺戮を繰り返すうち、感覚はマヒし、
戦士ではない普通の村人を殺すことに、何のためらいもなくなる。

ところが、ある日、ある村の壕の中で、若いベトナム女性の出産に遭遇する。
敵であるアレンが目の前にいて、それまで怯えきっていた女性は、
苦しみながら赤ん坊を産み落とすと、ほほ笑みながら抱き上げる。

「自分もベトナム人も同じ命。母親が一生懸命生んでくれた存在だ」と
アレンは胸を打たれる。

ベトナムでのシーンは劇画で描かれる。
実写だと残酷すぎるからだろう。

アメリカに帰国したアレンは、凄まじいPTSD(戦争のトラウマ)に
10数年苦しむが、ベトナム戦争で自分が人を殺したこと、
戦争は大量殺人であり、「平和をつくる」ための戦争などありはしない
ことを伝えるために講演活動を始める。


来日したアレンは、英語で書かれた日本国憲法に大きな衝撃を受けた。
戦争放棄が明記された憲法9条である。

アレンは力説する。
「憲法9条は、核兵器よりも強い」
「日本だけでなく、アメリカにも9条があれば、
 どれだけ平和な世界に なっただろう」

いつの間にか、日本中、1000回以上も講演活動を重ねていた。

「憲法9条がみなさんの平和な暮らしを守ってきた。
今度はみなさんが、憲法9条を守らなければならない」

2009年、多発性骨髄腫により永眠。
ベトナム戦争時に浴びた枯葉剤が原因とされている。

以上のような内容が、50分の映像に収められている。

ご家族や友人と一緒に、ぜひ観てほしい作品だ。

1枚1000円。
収益金は全て、アレン・ネルソンのメッセージを伝える
平和活動に活用される。

近くの方はさくら・市民ネットワークでもお分けできるが、
遠い方は以下のところに注文を。

◆佐野明弘(石川県光せん坊住持)アレンさんの御墓がある、
 TEL/FAX 0761-74-0508
 メール kousenbou@live.jp

◆平塚淳次郎(アレンさんの通訳をなさっていた方)
 TEL/FAX 0797-72-7550
 メール hirasj@ybb.ne.jp



  1. 2013/08/17(土) 00:51:25|
  2. 人権と平和|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

秘密保全法に反対する署名を集めています!

全国の脱原発でがんばっているみなさーーーん!

4月21日のブログ震災ガレキより怖い秘密保全法
たくさんの拍手をありがとうございました。

ブログをクリックして読んでもらえばお分かりのとおり、
この「秘密保全法」は100%お国のためのもの
戦前の治安維持法にも匹敵する悪法だ。

国にとって都合の悪い情報は隠し放題。
情報を知ろうとしたりするだけで罪に問われる。
まっさきに狙われるのは原発関連情報だ

「なんとかしなくっちゃ」
「阻止するためにはどうすればいいの?」
など、ご意見もたくさんいただいた。

幸いにも今国会では、民主党政権はこの法案提出を見送ったが、
秋の臨時国会に再び提出する見込み。
自民党も大半が賛成だから、出されたらアウト!
必ず成立してしまう。

だから、秋までに反対の声を大きくまとめあげないといけない。

今日、次のサイトで反対の署名を集めていることを知った。
このサイトでは、もう一つの悪法「共通番号制(マイナンバー制度)」にも
反対している。

国の情報はひた隠し、市民の情報は奪い去る
秘密保全法と共通番号法に反対する共同声明


共通番号法は、個人情報を一元管理しようとするもので、
個人の情報がお国に筒抜けになってしまう。

国の情報は隠され、個人の情報は全て国に握られる

なんとまあ、2段構えで来たもんだ。

とりあえず、みなさま、署名のほうをよろしくお願いします。


  1. 2012/05/10(木) 23:42:45|
  2. 人権と平和|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

あぶない教科書、あぶない千葉県

今年は4年に1度の中学校教科書採択の年。
すでに文科省の検定が終わり、これから9月1日まで、各採択地区でモロモロの会議が行われて
教科書が決まっていく。問題は、これらモロモロの会議がすべて「非公開」で行われるということだ。
情報公開が当たり前になった社会で、教育現場だけが「秘密」保持にキューキューとしているのだ。

千葉県の教科書採択は今、あぶない局面にある。
森田知事肝いりの有識者会議や教育委員など、知事ゆかりの麗澤大学関係者がしっかりと入り込み
戦前回帰の愛国心教育を進めつつある。

そうした「時計の針を戦前に戻そう」一派が教科書に目をつけ、歴史をねじまげるような
歴史を子どもたちに教えるために作ったのが「新しい歴史教科書をつくる会」。
この「つくる会」は06年に内部紛争で分裂。なくなればよかったのに、なんと二つに増殖してしまった。
そのため、ねじまげ教科書は自由社版と扶桑社版の2種類となったのだが、赤字が続くため、扶桑社は
いったん教科書発行をやめた。
ところが、あのアベ・シンゾー元首相がフジサンケイグループに働きかけ、フジテレビが2億円を出し、
扶桑社の100%出資子会社の「育鵬社」を設立して教科書発行を続けることになったのだ。

今日、千葉市で教科書採択のシンポジウムがあった。
どの発表者も貴重な発言をなさったが、中で、自由社と育鵬社の教科書の問題点を具体的に指摘した
お話がおもしろかった。
その一部を紹介するとーーー

◆(日露戦争に関して)「日本はこれ(日露戦争)に勝利して、自国の安全保障を確立した。
白人帝国ロシアに勝ったことは 植民地にされていた諸民族に、独立への希望をあたえた」
(日本の朝鮮侵略に関しては一切ふれていない)
◆(上海事変から日中戦争へ)「こうして、日本は戦争をしかけられ、 中国大陸の奥地まで、
泥沼の戦争に引きずり込まれていった」
◆「憲法にかかげられた権利と自由は、国家が国の政治で尊重し、すべての国民が享受できるように
しなければなりません」
(がーン!憲法は、国家権力が暴走しないよう国民が歯止めをかけるためにあるのではなかったか)
◆「戦後の日本の平和は、自衛隊の存在とともにアメリカ軍の 抑止力に負うところも大きいと言えます」
(アメリカに押しつけられたと言って憲法をけなすくせに、アメリカのおかげだと軍隊を持ち上げる?)

道徳教育を進める日大のM教授などは、本気で戦前の「修身」を復活させることをもくろんでいる。
子どもたち追いかける死に神は、右手に放射能、左手に「戦争への道しるべ」をかかげ、
今日も疾走しているのだ…

  1. 2011/05/29(日) 00:41:15|
  2. 人権と平和|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |