大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

東京で唯一の村、檜原村に行ってきました!

7月16日(日)記

先日、1泊二日で東京都の桧原村へ。
県議時代同僚だった吉川さん、今はなんと桧原村の村議さん。
東京で唯一の村で、千葉県議会一の暴れん坊だった吉川さんが、
どんなカントリーライフを過ごしているか、
伊藤さん、五十嵐さんと一緒に訪ねた。

まずは、村役場の中に案内され、総務の方に桧原村の状況を聴く。

人口は2,350人、世帯数は1,182世帯。
高齢化率は50%に達しようとしている。

毎年、オーストラリアに中学2年生全員を派遣し、
ホームステイを通じて英語を学ばせている。
予算は900万円以上!
ふとっぱらだなぁ。

役場は木がふんだんに使われ、非常にきれい。
議場にもお邪魔して、議長席を占拠!
gijou.jpg

役場のすぐ近くに、1年前にオープンしたミニスーパー
かぁべえ屋 がある。
kaabe.jpg

桧原村にはコンビニもスーパーもなく、
高齢化による「買い物難民」対策としては、スーパー誘致が悲願だった。
村も参加した第3セクターとしてオープンした「かぁべえ屋」。
地元の方言で「買うべえ」という意味だそうだ。
店内には、地元の野菜が所狭しと並んでいた。

第3セクターの事務所にお邪魔して、色々お話を聞く。
3sec.jpg

オール白木造りの部屋は、ブラインドも木でできている!
window.jpg

驚いたのは郵便局の前にあるコレ↓
toomuch.jpg

ゆるキャラ風の郵便ポストなんだけど、
製作費が400数十万円!

むむむ、桧原村のお財布はどうなってるの???

桧原村の年間予算は30数億円。
そのうち自主財源(税収など)は2億円くらいしかないとのこと。
東京都から過疎地対策の交付金等が20億円以上入るそうだ!

ヤドリギじゃないの?

と、思ってしまうが、待てよ、ほとんどが森林のこの村。
東京に酸素を大量に供給し、
豊かな大自然の恵みを、都民に提供しているのだ。
交付金は、その対価だと思っていいのではないか。

こんなに豊かな山並みをご覧あれ!↓
topofmountain.jpg

遠くに白くかすんでいるのは、なんと、新宿のビル群。

写真を撮っているのは地上1050メートルの地点。
ここで、なぜか、うれしそうにジャンプする吉川さん。
yosikawayama.jpg

実は、この地点、東京ドーム2.5個分の広さを
吉川さん、最近手に入れたのだ!
山持ちさん、ばんざーーい!

いずれこの山に、ツリーハウスや遊び道具を作り、
子どもも大人も楽しめるスペースにしたいと、
熱く夢を語る吉川さんだった。

桧原村には美しい秋川渓谷もある。
これは、北秋川の支流にある神戸岩(かのといわ)。
keikoku2.jpg
すみません。
どうやっても、写真が寝たまんまなので、首を横にして見てください。

この日の御宿は、隠れやのような素敵な民宿。
コテージ風の宿泊棟には、くねくねと細い道を行く。
山菜満載の夕食を楽しみ、翌朝、吉川さんがまた車で迎えに来てくれた。

オープンベランダで、大自然をバックに尺八を演奏するお坊さん。
player.jpg

民宿の前で。
minshuku.jpg
「木庵」とあるが、とおり名は「民宿浅間坂」。
おかみさんも面白い方で、本当に癒された。

さて、広大な「都民の森」に。
山登りも、ハイキングも、森林浴も、そしてクマさんとの出会いも
楽しめる、万人向けの大自然だ。

森の中を電気自動車が走る!
electrikcar.jpg
車体に描かれたコンセントが可愛い。

森の中の木材工芸センターを訪ねる。
woodcraft.jpg

ここでは、材料費だけで、ヒノキの家具や時計が作れる。
我ら3人組は全員、ヒノキのまな板を購入。

このあと、福祉関係の施設を次々と訪問。
村で二つ目にできた特養。
fukushi.jpg
入所者のうち、村民は3割だけだそう。

檜原村やすらぎの里は、
「地域包括支援センター」、「高齢者在宅サービスセンター」
「老人福祉センター(ふれあいセンター)」、診療所、保健センター、福祉作業所」
「児童館」などが一堂に集まった複合施。
福祉、医療、保健の施設を一ヶ所に集めることにより、利便性の向上を図る。

福祉課長さんに色々お話を聞いた。
面白いなと思ったのは、高齢者の「免許」返却問題である。
何しろ高齢化50%。
しかもほとんどが勾配のきつい桧原村。
免許を取り上げるのではなく、ずっと載り続けられるようにと
人やモノが行く手にあると自動的に止まる安全自動車に、
マックス50万円の助成をつけた。

夕方、近くにある児童館から小学生がワラわらと出てきて、
村のバスに乗り込んで帰って行った。
fukushisisetu.jpg

来るまでは、「東京のチベット」みたいな印象を持っていたが、
実際に見て、触れて、歩いてみると、
なんと豊かな村だろう!と感嘆した。

東京都に立地する、という利点を最大限生かしている。
建物は立派だし、道路もきちんと整備されている。

恵まれているだけに、貪欲さに欠ける、とも言える。
お年寄りはみな、普段から畑仕事で足腰を鍛えているので、
80歳すぎても元気な人が多い。
そして、自分のことは自分でやる、困っている人にはみんなで
助け合う、ということが徹底しているので、
村のやるべきことが少なくて済む。

これだけの大自然と勤勉な住民、素晴らしい「資源」を
生かしきっていないなぁ、という印象が強い。

しかし、第2の人生を思いっきり謳歌している吉川さんの
人懐っこい丸顔を見ていると、
こちらまでハッピーになり、本当に桧原村に住みたくなってきた。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
桧原村にクラっとなった方、ここをポチッと押してくださいませ。
   ↓

  1. 2017/07/16(日) 03:49:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

小学校の道徳教科書がヤバい! 進むドテカボチャ教育

7月3日(月)記

東京都議会議員選挙では、自民党が歴史的大敗となった。
それはめでたいが、我が東京生活者ネットワークが大苦戦。
現職の小松久子(杉並区)は当選かなわず、3だった議席を1に減らした。

写真は、元我孫子市長の福嶋浩彦さんと、小松さんの応援弁士を務める。
komatsusan.jpg

さて、敗因のA級戦犯たる安倍首相。
国民を無視した強引な政治手法が、急にあらたまるとは思えないが、
憲法改悪の時計の針を少し遅らせることは???

アリエルかもしれない・・・

でも、もっと心配なことがある。
今、「安倍首相いいじゃん」とか、
「自民党を支持しているよ」という若者が多いらしい。

で、もっと、こんな若者が増える壮大な仕掛けが、
着々と進んでいるのだ。

道徳の教科化(=強化化!)だ。

現在、小中学校では、週1時間、「道徳の時間」という枠がある。
国語や算数と違って、教科書もないし、テストも評価もない。

そりゃ、そうだ。
「道徳」は、個人が周囲の人や社会と折り合いをつけながら、
その人らしく生きて行くための心の領域だ。、
人から押し付けられるものではないし、
ひとつの物差しで評価をするものでもない。

ところが、
小学校では来年2018年度、中学校では2019年度から、
「特別の教科」として教えられることになる。
道徳の教科化
(茶色が現在、赤色がこれから)

これからは一つの教科書を使い、その物差しで心の中を測る
数値では測れないので、先生が文章で評価をすることになる。

数値では測れない、てことは、正解はない ってことなんだけど。

前置きが長くなりました・・・

その道徳の教科書が展示されている志津コミセンに
ネットの仲間と見に行った。
IMG_4978.jpg

8社の教科書が並んでいる。
どの教科書も、指導要領にのっとって、「国やふるさとを愛する」愛国心や郷土愛を
盛り込んでいるが、よくよく中身を読んでみると、結構違いがある。

驚いたのは、どの教科書にも「おじぎの仕方」が図解入りで載っていることだ。
1年生はこうだ↓
IMG_4956.jpg
左下のところに
相手によってつかいわけるとある。

誰に対しても、心をこめたお辞儀をするのではなく、
相手が自分より「上か、下か」を、1年生から教え込むのだ。

光文書院の5年生の教科書は凄い!

「日本の心とかたち」と題して、角度まで指定している。
IMG_4982.jpg

書道の書体「真・行・草」を引用している。
kakudo.png

shotai.png

「真」は45度! 尊敬する相手や改まった場合。お詫びのときも。
「行」は30度! 目上の人に。
「草」は15度! 知り合いの人とすれ違うとき。

ふう・・・
そのうち、「敬礼」の仕方も入ってきそうだ・・・

目立つのは、「わがままはいけない」という大合唱。
1年生のどの教科書も載せているかぼちゃの話し。

「そっちへのびてはだめですよ」
kabocha1.jpg

kabocha2.jpg

畑の外に向かってつるを伸ばすかぼちゃを擬人化し、
「わがままをすると、痛い目にあうよ」と説いている。
決められたフィールドで、決められた通りに成長し、
同じ大きさ、同じ色、同じ味に育とうね!!!

安倍さんにしたら、国民はみんなドテカボチャに見えるのかも。

その安倍さんを、堂々と登場させている教科書もあった!!!
「教育出版」5年生版だ。
下町のボブスレー制作奮闘記に乗じて、
こんな写真を載せている。
IMG_4969.jpg
ボブスレーの試作品に乗って上機嫌の安倍さん。
「9条の壁をぶっ壊しながら滑りたいなぁ~」などと思っている???

二宮金次郎も復活し、戦前の「修身」にグンと近づいた道徳の教科書。
子どもの「一人ひとりの個性」や「意見を言う権利と自由」は
ほとんど無視され、
みんなと合わせよう
違ったことはしちゃいけない、言っちゃいけな

ばかりが目につく。

そのことを端的に表したページがこれだ。
IMG_4964.jpg

自分を大切にしよう とか、
自分の意見をきちんと言おう とか、
平和を大切にしよう などは
一切書かれていない。

唯一、「いいぞ!」と思わず叫んだ教科書があった。
光村図書だ。
mitumura.jpg

表紙からして、やわらかいタッチのイラストに
きみがいちばん光るとき という素敵なキャッチコピー。

スタジオジブリ出身の新井陽次郎さんが表紙を手掛けた。
新井さんは
「子どもにのびのびと学んでほしい」という思いを込めたそうだ。

光村図書の6年生版は、素敵なことに、世界人権宣言も載せている。

すべての人が生まれつき持つ、基本的人権。
それは命の尊さそのもの。
これを教えず、「わがままを言うな」だけを大合唱する道徳教科書。

小学校1年生からこんな「道徳」を教え込まれたら、
やがて、若者はみな、
モノ言わぬドテカボチャになっていくだろう・・・

今日も長文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「ドテカボチャ育成教育」に疑問を持つ方は、どうぞここをクリックしてください。
    ↓

  1. 2017/07/03(月) 14:53:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

ブラック企業とブラックバイトに気をつけよう!

6月23日(金)記

先日の国会前包囲行動でのこと。
一人の若者がマイクを取り、こう訴えた。

ぼくは最低賃金1500円を求めて活動する
エキタスというグループの一員です。
ワーキングプアの若者が増えています。
人間らしい暮らしをするには、せめて、最低賃金を
1500に引き上げる必要があります。
「もし、それが実現したら何をしたいか」とアンケート調査を
したところ、一番多かった回答が何だと思いますか?

病院に行きたい でした。

私はこれを聞いて、胸が詰まった。

今、確実に日本での働き方が悪いほうへと転がっている。

低賃金で身分保証も弱い非正規雇用が激しく増えている。
2グラフ非正規

グラフは2014年度までだが、2015年には40%を超えた。

働く前、学生時代も相当厳しい。

ある調査によると、現在大学生の50%が奨学金を借りている。
「奨学金」という名前の学生ローンである。
学生たちの平均借入額は
300万円

追い打ちをかけるのが、ブラックバイトだ。
多くの若者は学費や生活費をかせぐために、アルバイトに必死になる。
そのバイト先の多くが、賃金は低く、責任だけは高く、休みも満足に得られない。

更に、就職先で待ち構えているのがブラック企業

非正規雇用や派遣労働は、身分が非常に不安定。
残業代も出ず、休みも取れず、社員はボロボロになっていく…

さて、こうしたブラックバイトやブラック企業にひっかからないために、
そして、人間らしい働き方とはどういうものかを考えるために、
面白い学習会が開かれます。

知らなきゃ損!
ブラック企業とブラックバイトの見分け方

6月25日(日)13:30~15:30
会場 佐倉市臼井公民館 集会室
    京成臼井駅南口徒歩5分。音楽ホール内
参加費 無料

講師は角谷信一さん。
38年間高校教師として、社会科の教鞭を振るってきた。
バイトでボロボロになっている教え子たちの姿に驚き、
普通の授業では教えない「働き方」の法律やルールを
クイズや映像を通して教えてきた。

え、角谷さん?

そう、あの角谷さん。
今年の千葉県知事選挙に果敢に挑戦した、あの角谷さんである。

選挙を通して、
命を削る働き方を変えよう!
まともな働き方に変えよう!

と訴え続けた。

学習会は、クイズ形式の分かりやすい内容です。

ひとつ、3択クイズを。
学生アルバイトの時間給の金額は、法律で決まりがあると思いますか
①特に法律で決まっていない。
②都道府県で決まっている。
③国で決まっている。

正解は・・・ 学習会でお知らせします。m(_ _)m

働いている人も、
これから働く人も、
働き終わった人も、
どなたでも参加自由です。

学習会のチラシはこちら→ チラシ

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
働き方、なんとかせんとアカンナー、と思われる方はどうぞここをポチッと押してください。
   ↓

  1. 2017/06/23(金) 12:12:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

「歴史の中で生きる」とは? 100年先の安倍政権

6月21日(水)記

今週月曜日、総務常任委員会が終了後、参議院会館へすっ飛ぶ。
午後5時から
安倍政治を終わらせよう 6.19院内集会

基調講演の保阪正康さんのお話が素晴らしかった。
IMG_3001.jpg

【保阪さん発言趣旨】
◆戦前の日本や、ドイツナチスのことを「軍部独裁」と呼ぶ人が多いが
正しくは、行政立法を支配する行政独裁である。
ファシズムとは行政独裁であり、
今の日本がまさにコレ。
実際、安倍首相はワタクシは立法府の長でありますと宣言している。

◆戦前の日本では、行政は軍部を使って以下の3つのことを実行し、
立法(国会)を抑え込んだ。
①陸軍省の軍服を着た将校が会議を傍聴し、すべてメモ。
②内閣機密費を親軍派に配る。
③暴力を駆使。 
 国を批判する代議士周辺に、軍人が頻繁に姿を見せる。
 反政府の集会には、政府が雇った集団が羽織はかまでなだれ込む。
今、これら3つのことが行われている。

◆しかし、歴史はすべてを明らかにする。
日本の軍部も、ナチスドイツも、歴史の中では「汚点」として記憶される。
共謀罪が成立したとき、テレビ画面の中で喜んでいた彼らの顔は
歴史の中では醜くゆがんでいる。
安倍首相は50年後の評価さえ危ない。

◆だから、共謀罪で 負けた! と悔しがる必要はない。
 歴史がすべてを証明する。
歴史の中で生きよう、考えよう!
長いスタンスでものを考えよう!


最後の「歴史の中で生きる」というお話は目からウロコだった。

そうだ、戦前、いばりくさっていた特高や軍人たちは
戦後、「あれは間違っていた」と首をうなだれ、後ろ指を差された。
今は、私たちは負けているように見えるけど、
歴史の中では負けていない!

なんだか、壮大な気分!
元気が湧いてきた!

今、この瞬間も、次の瞬間には「歴史」となる。
歴史の審判となるのは、私たちの子や孫だ。
次の世代に何を伝えるか?
共謀罪でもないし、戦争法制でもない。

100年先、安倍政権がボコボコに叩かれている図を
想像するだけで楽しくなる。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
安倍政権を早く終わらせたいと思う方は、ここをポチッと押してください。
    ↓

  1. 2017/06/22(木) 01:01:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

共謀罪は成立してしまったけれど、あきらめない!忘れない!

6月18日(日)記

いやはや、悪夢のような共謀罪成立から、3日経った。

国会も事実上閉会。
加計学園問題で、もう少しのところまで追い詰められた安倍首相、
さぞかし、ほっとしていることだろう。

秘密保護法のときも、安保法制のときも、
バカな国民は、いくら反対したところで、成立さえしてしまえば
あっと言う間に忘れてくれる。
今回も、うまく乗り切ったなぁ~
最後は、委員会採決をすっ飛ばすという「禁じ手」が
あんなに見事に決まったし!

そう思っているに違いない。

しかし、 しかし、 しかし

忘れまへんで

さあ、ぐずぐずしてはおれない。
すぐ行動だ!

というわけで、16日は臼井駅、17日はユーカリが丘駅で
共謀罪と加計学園問題のシール投票を実施した。
テーマは二つ。
①共謀罪に賛成ですか? 反対ですか?
②加計問題に、安倍首相が関与していると思いますか?
 思いませんか?

16日の臼井駅では、スタート直前から雲行きが怪しくなり、
突風は吹くわ、雨はぱらつくわ・・・
投票用のパネルが飛ばされないよう、宮田さんが必死に手持ち。
usuiekimae0616.jpg

シールを貼ってくれる男性↓
sealvote0616.jpg

こちらが急きょ作成した配布用のチラシ→共謀罪チラシ

ただチラシを撒くよりは、シールを貼ってもらうほうが、
よりコミュニケーションがはかれる。

さて、翌17日はユーカリが丘で。
臼井と同じく、小一時間の駅頭シール投票。
途中、東京に行っていた伊藤さんが帰ってきて仲間入り。
yukariekimae.jpg

最終結果はこのようになった。

共謀罪に賛成か、反対か
  反対 54  賛成 1 どちらでもない 0
加計問題に安倍首相が関与していると
  思う 52  思わない 2  わからない 2

シールを貼ってくれる人は
「安倍首相はダメよぅ!」と吐き捨てるように言う。
もちろん、圧倒的多数の人は、シール投票どころか
チラシの受け取りもスルー。

加計学園問題のように、
国のトップにいる人が、お友達に特権を与えても
政治をいくら私物化しても、
ウソとはぐらかしと居直りで、堂々と国会を牛耳れてしまう日本。

共謀罪は、限りなく警察に権力を与え、
モノ言えぬ社会への入り口となるのに、
「テロのためには必要」などという大嘘がまかり通る日本。

6月10日の国会大包囲行動で見たこの禍々しい造形物。
godofdeath.jpg

本当に、日本の民主主義は死神に取りつかれてしまった・・・

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。
このままじゃあ、死んでも死にきれないと思う方は、
どうぞここをポチッと押してください。共にがんばりましょう!!!
  ↓

  1. 2017/06/18(日) 02:09:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム | 次のページ→